ビタミンC誘導体の化粧水

ビタミンC誘導体でニキビ跡が治った

ビタミンC誘導体でニキビ跡を治療

 

>>ニキビ跡が治ったビタミンC誘導体はこちら

 

顔の皮膚が赤い

 

私は、高校生の時にニキビができ始めて
その後は、治ったと思ったら、また次のニキビができて
それが治ったと思ったら、また次のニキビができる。

 

という事の、繰り返しでした(w_−;

 

だから、ほっぺた と口の周りの皮膚が
いつもボコボコで赤い状態でした。

 

高校生の時は、化粧は学校で禁止されていたので
本当に辛かったですね。

 

ニキビで赤くなった顔を化粧で隠すこともできなかったですから・・・

 

社会人になってからは、ファンデーションでニキビを隠していました。

 

スッピンの時のような赤い皮膚は見えなくなりましたが、
やっぱり、まだ20代なのに厚化粧になってしまい変でしたね。

 

化粧の下には、汚いニキビがあって
それを厚化粧で隠してるってことがコンプレックスになっていました。

 

だから、同じ会社の男性と話したりするときも
なんとなく気まずい思いがして、目を合わすこともできなかったんです。

 

「気持ち悪い女・・・」

 

って思われてるんじゃないかと勝手に考えてしまっていたんですね。

 

ビタミンC誘導体に挑戦

 

ニキビの治療薬は、いろいろ試しましたが、私に1番効果があったのはビタミンC誘導体でした。

 

ビタミンCは、活性酸素の除去、ニキビの色素沈着の防止、メラニン色素抑制など
いろいろな効果があって、美肌・美白には欠かせない成分なんです。

 

このビタミンCを皮膚に染み込みやすいように改良したのがビタミンC誘導体なんですね。

 

チョコラBBはニキビの治療に効果があるか?

 

私は、ビタミンC誘導体なんていうものは知らなくて、
なんだか難しそうな薬だなぁ、と思ったくらいでした。

 

でも、とりあえず試してみようかな・・・と思って
ライズスキンパウダーという
ビタミンC誘導体を試すことにしました。

 

正直なところ、ダメ元でした。

 

というのは、ライズスキンパウダーは、
効果がなければ全額を返金してもらえるので
もし効果がなかったとしても、損することはないなと思ったんですね。

 

男性と目を合わせて話せるようになりました

 

ライズスキンパウダーを使っていると、日に日にお肌の赤みが消えていくのがわかりました。

 

新しいニキビもできにくくなったので、化粧も以前のような厚塗りをしなくても
赤いニキビが目立つことがなくなりました。

 

驚いたのは、もうだめかとあきらめかけていたニキビ跡が目立たなくなったことです。

 

なんといっても、会社で同僚の男性と話すとき、
ちゃんと相手の目を見て話せるようになったのが1番の収穫ですね。

 

ビタミンC誘導体

 

それから、最初は、ライズスキンパウダーの値段が高いなと思ったんですが
厚化粧しなくなったので、結局、化粧代が安上がりになりました。

 

本当に良かったです。

 

>>ニキビ跡が治ったビタミンC誘導体はこちら